« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

とーねうしマッサージ

恥ずかしながら最近知ったことなのですが、牛には名前の他にも呼び方があるのです。
年齢別というか、なんというか。
子牛は「子牛」だけど、母牛は「はーだ」。
で、「子牛」と「はーだ」の間に「とーね」というのがあるんです。丁寧にいうと「とーねうし」。「ー」の部分は「う」だか「お」だか忘れちゃった。
いずれにしても、生後10ヶ月から「はーだ」になるまでの間の牛のこと。
わが家の新入り・かねりんは、ちょうどとーねうし。

昨日、牛舎にて、そんなとーねうしのかねりんが、ドン!と私の背中を突きました。
それからギュ~っと。
痛ぁっ~~~!!!・・・ではなく、気持ちいぃ~。
かねりんのとーねな背丈が丁度いいのかも。
かねりんのとーねな体重が丁度いいのかも。
それはちょうど肩甲骨のあたり、肩こりのツボ(あんまり肩こりないけれど)。

子牛マッサージもよかったけれど、とーねうしマッサージも結構いけます。



091126a



091126b



そしてね、いろんな呼び方を聞いていると、
牛って成長を見守る存在でもあるのだな、と思います。
あるいは、出世魚の仲間とか。

▼ チュン、チュン。



2009年11月26日 (木)

憧れの防風林

昨日ぽかぽか暖かかった釜津田でした。
日中もストーブ要らず、しばらくはこんな感じでゆっくりと、暖かさと寒さをいったりきたり。

さて、先日の雪囲い、風よけ。
皆でワイワイ楽しく張って、よし、冬が来るぞ!と気を引き締めるにはぴったりだけど、
本当はちょっと面倒くさい。黒い色もときどき圧迫されるみたいて本当は少しだけ苦手。
青空模様の幕とかだったらいいかもね、と時々思ったりします。
あるいは、思い切って、防風林にしちゃうとか。
例えばこんなね。

091119a


あらためて見てみると、防風林としての機能はいまいち備わっていない気もするけれど、まぁいいか。
ちなみに、マンサクだったかコブシだったかが咲くと、豆播きをしてもいいんだって。
今年の春、地区のSさんに教えてもらった、豆な豆情報でした。

★右のメニューバーに、「ここにもいるよ」リンクをつけてみました。
 時々絵を描かせてもらっているところです。



2009年11月24日 (火)

北風さん、いらっしゃい。

今朝はちょっと暖かかった釜津田です。それでも気温は氷点下二度。道路がちょこっと凍っていました。
そんな釜津田の冬の寒さは、雪だけじゃなく、風も要因。
谷間を吹きぬける風が、結構強かったりするのです。
雪が降れば外に出てみたくなるけれど、ゴォォォォ~という風の音を聞くと一歩たりともここから離れるもんかとストーブにべったり抱きつきたくなります。
だけど、今年ももう大丈夫。
先日、風よけをかねた雪囲いをしましたからね。
強力助っ人の力もあってか、例年よりもピシッとシャンと、いい出来栄え。
その完成を見た時だけは、ゴォォォォ~という音にもちょっと強気な気持ちになれる。
さぁ、北風、いつでもどうぞ。



091124a



091124b




▼ 程よい穴は・・・



▼ 覗き窓にもなるんです for シカが時々くる牧草地。



▼ おまけのちゃこ。 得意な顔で踏んでるのは大事な寒冷紗なんですけど。



2009年11月20日 (金)

今日の夢

今日は素敵な夢を見ました。
一世を風靡するような人気CMタレントのステージママになる夢です。
牛舎にはいろんな夢が詰まっています。
素敵な夢をお待ちの方は、ぜひ一度牛舎へお立ち寄りください。



091120




昨日の三写。

▼ 初氷。





▼ 初霜柱。





▼ 初つらら。




「初○○」がいっぱいで、なんだかお正月みたいでした。

2009年11月19日 (木)

初積雪 '09

昨日は、婆ちゃんの晩酌につきあったら結局ひとりで飲みすぎて、昨夜のうちにご報告のつもりがすやすやと眠りについてしまいました。お客様も来てたのに。
あぁ、本当にゴメンナサイと反省しつつ、気をとりなおして遅ればせながらご報告。

日本全国津々浦々、昨日は冷え込んだみたいですが、昨日は釜津田も初雪景色。
一晩でいきなりもさっと降り積もり、朝の積雪はレベルV(注)。
AKI気象台によると、例年と較べると早いんだか遅いんだかわからないけど(”例年”ていつのこというのかがわからない)、去年より一日早く、近年まれに見る積もりっぷりにハナちゃんもびっくり!(↓写真)な、今季初積雪でした。



091118_2





注)レベルV : レベル・ビネガー。ビネ君の腹下=4.5センチのこと。
ちなみに、この前まで3センチくらいだったんだけど、最近ダイエットしたので、お腹と地面に大分空間ができてきたの。と、ビネ君にかわってプチ自慢。

▼初キラキラ(カラマツ林編)。




▼ 初キラキラ(向かいの山編)。




▼ 初キラキラ(薪置き場編。まだ準備中だったのに)。




▼ 積雪全景。




以上、きれいではしゃいでしまったわ的写真日記でした。



2009年11月17日 (火)

『雪国』道路

冷たい雨上がりの今朝の釜津田です。

昨日は用事で一人で町へ。
家の周りに雪はないけど、峠の道には雪があるかも。
そう心配する家族に対し、先日タイヤ交換もすませたし(TAAが)、ダイジョウブ、ダイジョウブ~、たかをくくって出掛けた私。
が、その十数分後、家を出た際のその我がたかのくくりっぷりを恥ずかしく思った。

峠の手前、山道の中腹にさしかかったカーブをひとつ曲がると、唐突に、一面の銀世界がはじまっていた。
その世界の変貌ぶりに、若かりし頃の授業中に授業の進行とは無関係に読みふけった『北国』の一節を思い出した。
「トンネルを抜けなくても、そこは、雪国であった。」・・・恐れ多くも勝手に一部を釜津田バージョンにしちゃったけど。

峠の道はいつだって、次に何が起こるかわからない。
怖かったり賑やかだったり、今回みたいに突如気候が変わっていたり。
だから今度からその道を、特にも季節の狭間のその道を、「『雪国』道路」と呼ぶことにしよう。
やっぱり恐れ多いかな。



091116



▼ というわけで、釜津田へご用の方は、ご参考に。 (でも家の周りにはまだ雪はないですよ)



2009年11月14日 (土)

麻婆豆腐のジンクス

TAAは麻婆豆腐が好きである。
そんなTAAのために、時々、麻婆豆腐を作る。
しかし、私のデータによれば、そんな麻婆豆腐の日には、大抵TAAに用事ができる。
それは消防団の集まりだったり、牛の集まりだったり、謎の集まりだったり、いろいろ、諸々。

前々からその予定を知っているのに私がうっかり忘れて麻婆の日にしてしまうこともあれば、本当に急に用事が入ることもある。いずれにしても9割9分、TAAは大好物を食べ損ねる。
もはやそれは家族全員の知るところともなり、麻婆豆腐の日には、今日はTAAがそれにありつけるかどうか、密かに健全な賭けモードになっている。
そして昨日もそうだった(イラストが「今日」になってるけど、昨日の話)。
皆で出掛けるTAAを送り出した後、「やっぱりね~」とうなずきあった。

もしも、いつかどこかの食卓で麻婆豆腐に出会ったら、そしてそこで特段に考えるべきこともなかったら、北国の山の中の小さな農家の長男の、切ないジンクスに、そっと思いを馳せてみてください。
切ないジンクスも浮かばれます。



091113



▼ いつかの特製麻婆豆腐。ギョウジャニンニク(山菜)がポイントなのです。



▼ 今日は雨だったり、晴れだったり。向かいの山にかかる雲がきれいだったので。



2009年11月13日 (金)

掻きたいお鼻

掻きたいけど掻いちゃ駄目、そう思うほど掻きたくなる。
なんだか鼻がかゆいのです。ムズムズ、ムズムズ、鼻をめぐる悶々の日々。
牧草負けかもしれません。牧草であっちこっちがかゆくなるのです。
牛には大分なれたけど、牧草には実はなかなか慣れません。
だけど、そうやって、牧草のせいにばかりしてもいけないとも思うのです。
密かに心配しています。
この前、早起きすると言ったのに寝坊した。
悪気はなかったのだけど、長年の寝坊の積み重ねから、神様が、それを嘘と思ったのかも。
満を持してのこの鼻のかゆさ。
ふと思った。もしかしたら、ピノキオになるところなのかもしれない!怖いけど・・・ワクワクもしてきた。

日課に牛あずかい(牛の世話)が加わってから早一週間。
牛たちとの再会への純粋な喜びと熱いやる気を経て、お仕事にそろそろ妄想が加わりはじめる頃みたい。



091112




▼ はじめまして、かねりんです。身を乗り出すのが好きなんです。



2009年11月12日 (木)

スズメの缶蹴り

山の中の釜津田は、朝、日が差すのがちょっと遅く、我家では、今は8時半ごろ向かいの山から日がのぞく。
外も部屋の中も急に明るくなって、ポカポカとした気持ちになる。
それから30分くらいすると、窓の外がにぎやかになる。
窓の外にイチョウの木があって、日が当たりはじめたそこにスズメが沢山やってくるのです。
ついこの間まで一羽か二羽の単独的行動でハセや屋根のすみにチョコン、チョコンと止まっていたのに、最近は専ら集団行動、群化のスズメ。
調べてたら、冬は集団行動するみたい。寒いから?隠れ場所もない冬の野原(山原?)で外敵から皆で身を守るため?餌を皆で分け合うため?よくわからないけど、そうらしい。
いずれにしても、イチョウの木はスズメのなる木みたいになっている。

面白いので写真に撮ろうと思い立つけど、いつも既のところで逃げられる。
ワァァァァ~、キャァァァァァ~、そんな勢いで一斉に逃げていく。
なんだか缶けりの鬼になった気分だ(缶を蹴られて一斉に逃げられていく感じ)。

畑も終わり、秋じまいもひと段落、しばし休憩な今日この頃。
スズメたちの一挙手一投足でさえ、一大事に思えるようなのんびりモードなこの頃です。
(あ、いや、やろうと思えばやるべきことは沢山あるのですけれど)



091109



▼ 最近のマイ・ブーム。冬のうたた寝ブランケット、作るんだ。


↑そんなわけで、ついつい更新が二の次に。

2009年11月 9日 (月)

変わらない。

昨日は町へ出掛けてきました。
そこで、かれこれ15年来の恩師に会いました。
15年来といっても、この数年あまり会う機会がなく、久しぶりの再会でした。
別れ際、数年前と変わらないなぁ、と言われました。
もう少し年端のいかない頃は、「変わらない」と言われると「ふん!見た目じゃわかんないかもしれないけど、中身はうんと大人になってんだからね!」などとひねたことを思ったりもしたものですが、最近は、「変わらない」といわれると大変嬉しくなるものです。
けれど、昨日は少し微妙。
というのも、本当は、ちょっと変わっていたはずなのです。
気合いで作ったパッチリオメメは、いったい何処へいったのだらふ。全く摩訶不思議なことでした。



091108a



ちなみに、それはこんな場所でのことでした。

091108b



というわけで、気合いの化粧に気づいてもらえなかったのはとても残念なことでしたが、とても楽しい一日でした。

▼ 今日はニンニクを植えました。



▼ なんとなくモード。



2009年11月 7日 (土)

ぬくぬく牛舎

先日の牛下げの日。
牛が山の放牧地から帰ってくる前に、義父が恒例の牛舎修理をしている間、私はやはり恒例の牛舎のスス払いを。と言っても、去年はさぼったので2年ぶり。
だからだろうか、牛舎の天井にはいたるところにクモの巣が。
いや、だからだけじゃない。前から不思議だったのだけど、牛舎にはやたらめったらクモの巣ができる。
なんでなのさ、密かにずっと思っていた。長年のつまらぬ謎のひとつだった。
けれどそこへやってきた、お向かいのおばあちゃんが(おばあちゃんが様子を見に来るのも毎年恒例)その謎をさらりと解明してくれた。
「ぬくい(暖かい)からさぁ」

そっか。暖かいからクモがいるんだ。暖かいのは牛がいるから。牛がいるからクモもいるんだ。
掃除をさぼっていたからじゃないのね、やっぱりね。
ほのかな安堵とともに、ぬくぬく牛舎の存在に、ちょっと感動してしまった。



091107a



091107b




▼ 夏のある日のメゾン・ド・MOU。





▼ 今朝は一面の霜。




2009年11月 6日 (金)

大根干しの裏側で

なかなか書く機会がなかったけれど、大根干し真っ盛り、いや、終盤をむかえつつある釜津田です。
大根干しの風景は季節の風物詩。
最後の紅葉を背景に、日々冷たさの増す冴えた空気の中のそれは、かわいいながらも凛と静かに。
だけどその裏側はあたふた、賑やか。

干した大根はタクアン用。
だから干し上がったら、漬け込まなくてはいけません。適期をのがさず手早くすばやく。美味しいタクアンへの道のはじまり。
だけど適期って、はて、どんな?
そんなとき、たよりになるのはご近所さんの干し・漬け状況。
「もうやった?」「まだよー」「あーよかった」「でも早くやらなきゃー!」
大根干しって、夏休みの宿題か、年末恒例年賀状書きみたいだ。

だけどまた、大根干しの裏側のそんなあたふた、バタバタ、賑わいに、冬のはじまりを確かに感じるこの頃です。



091104



▼ あらためまして、風物詩。



▼ 昨日は牛下げ。



▼ 牛舎も一気に賑わいを。



2009年11月 3日 (火)

働き者のポケット

ポケットには、ビスケットと夢のほかに働き者度もつまってる。



091103_2




▼ 大根に白雪。



2009年11月 2日 (月)

牧草落とし

唐突ですが、相手の苦労を思い量り、心から労えるような人になりたい、そんな風に思います。
その背後に積み重ねられてきた苦労に気を配れる人になりたいと、そんな風に思います。
今日は牧草配達の日。
家で集めた乾草で足りない分を、組合から買うのです。
半年かけてコツコツとみんなで集めてくれた牧草。
しかもそれがすごく重くて、運ぶのだって積み上げるのだって、すごく大変な作業だって、重々承知の助なのです。
だけど何故?頭の中はほぼ全面的に理想と違う方向に動いてしまいます。

やっとこ集め、さっとこ積み上げた牧草を見ていると、どうしてもやりたくなっちゃうんです。ダルマ落とし。



091101





そうこうしているうちに、今日は雪が降りました。
削りたてのかき氷みたいな、シャキシャキでふわふわの初雪でした。




▼ カレンダーにも初雪マーク。





▼ 昼はこんなにいい天気だったのに。




« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »